DVDプロテクトを解除せずにコピーする方法

 

DSCN3520

このEzCAP HDなら、

プロテクトを解除せずにDVDをコピーできます。

ですので、違法性はありません。

 

header

 

【EzCAP HDのキャプチャコピー】

 

DSC_0049

EzCAP HDの他に必要なものは、

PCDVDプレーヤーだけです。

DVDプレーヤー、EzCAP HD、PC

これら3つを接続することにより、

プレーヤーで再生させた映像をPCに映し、

それをキャプチャ録画⇒PCに保存することができます。

>>>詳しい情報はコチラから

parfect1

 

【キャプチャ録画の画質について】

 

キャプチャコピーは安全でいいけれど、

画質が悪かったら意味がない……

 

そんな方はまず下記の動画を見てみてください。

 >>>EzCAP HDの詳しい情報はコチラ

これ、HDMI接続ではなく、

アナログのコンポーネント接続でキャプチャしたものなんです!

もちろん、アナログ接続だと多少の劣化はありますが、

見ての通り、目に見える範囲ではありません!!

 

また、動作環境を見てもらえれば分かるとおり、

PCの性能が良くなくても、しっかりコピーすることができます。

 

【EzCAP HDのすごいところ】

 

 EzCAP HDのすごいところはその対応端子数にあります。

【EasyCAP HD対応ケーブル(端子)】
・HDMIケーブル(黒の平らな端子)
・コンポーネントケーブル(緑・青・赤の端子)
・コンポジットケーブル(黄の端子)
・S端子ケーブル(黒の丸い端子)
・オーディオケーブル(白・赤の端子

※EzCAP HDにはHDCPなどのプロテクトを解除する機能は搭載されていません

 

例えば、お使いのプレーヤーが上記の端子に対応していれば、

ブルーレイプレーヤー

ビデオデッキ

ゲーム機

などとも接続が可能です。

 

なので、BDVHSゲーム映像もコピーできるわけです!!

 

IMG_1086

 

安心にDVDをコピーしたい方

幅広い映像を複製したい方

ぜひご検討ください!!

EzCAPHD_468×60_140619

 

 

DVDプロテクトの種類

 

DVDをリッピング行為からプロテクトする、

いわゆるコピーガードには多くの種類があります。

 

プロテクトの種類が多いということは、

それほど、DVDリッピングする人が多いってことですね。

 

ここでは代表的なコピープロテクトをご紹介いたします。

 

CSS

CSSとはContent Scramble Systemの略称で

1996年に搭載された古いタイプのプロテクトです。

が…これが一番有名なのではないでしょうか?

このCSSが一人の少年によって解除されてしまい、

そこからリッピングというソフトが世界中で出回りました。

いわば、リッピングソフトの繁栄の原因となったプロテクトなんですね。

 

AACS

CSSのブルーレイバージョン。

しかし、CSSに比べるとプロテクトが強化されていて、

たとえ、暗号が解読されても、すぐに新しい対策を追加できるようになっています。

 

それだけではなく、AACSが搭載されたブルーレイをプレーヤーで再生させると、

プレーヤー自体にAACSが働きかけ、プロテクトがアップデートされるという優れものなんです。

なので、今までリッピングできていたものも、AACSがアップデートされ、リッピングできなくなります。

 

DVDプロテクト解除って??

 

DVDは映像や音声をデータとして管理するため、

VHSなどに比べ、容易に複製や移動が可能になっています。

 

それを防ぐためにDVDには「コピーガード」というプロテクトが施されています。

 

そして、このプロテクトを解除してDVDの複製を行うことを「リッピング」といいます。

 

2012年まではDVDリッピングは法的には問題なかったのですが、

2012年10月の著作権法改正により、

「プロテクトを解除したリッピング行為は違法」になりました。

もちろん、個人利用の範疇でも違法です。

ですので、絶対にリッピングはしないでください。

 

当サイトではプロテクトを解除せずにDVDコピーする方法を紹介しています。

それがEzCAP HDを使ったキャプチャコピー法です。

 

キャプチャコピーなら、

DVDを再生した映像を録画するので、

DVDプロテクトを解除することなく映像の複製が可能です。

 

>>EzCAP HDについての詳しい情報はコチラから<<