a0001_017605_m

DVDコピー方法は、
大きく分けて2つあります。

DVDリッピングソフトを使ったリッピング方式と、
キャプチャボードなどの録画機器を使ったキャプチャ録画方式です。

2012年の著作権法改正以後、
DVDコピーに関してはリッピングからキャプチャ録画に移行しつつあります。

この大きな理由は、
上記でも言っている「著作権法改正」にあります。

しかし、それだけではありません。
実はリッピングソフトでDVDコピー自体ができなくなってきているのです。

今日は、
現在のDVDコピーの実情と2016年の最新DVDコピー方法、キャプチャ録画について詳しく書いていきたいと思います。

…とその前にまずは、
DVDリッピングソフトとDVDキャプチャの違いについて触れていきましょう。

これらの知識についてすでに知っている方は、
違法性はプロテクトの解除を行っているかどうかにある」からお読みください。

 

DVDリッピングソフトとDVDキャプチャの違い

DVDという規格は映像や音声、チャプターやメニューなどが、
すべてデータとして1つに記録されています。

bytes-315546_640

なので、このデータをコピーできてしまえば、
DVDの複製、つまりDVDコピーが可能なわけです。

それをコピーできないようにしているのが、
CSSなどのコピープロテクトです。

リッピングソフトのメリット・デメリット

リッピングソフトはDVDをデータごと解析し、
複製することでDVDコピーを行います。

データごと複製を行うため、
チャプターやメニューなどを引き継いだ状態での完全コピーが可能です。

また、リッピングソフトはフリーソフトとして配布されているものもあり、
無料でDVDコピーができるというメリットもあります。

PAK12_10many_TP_V

しかし、リッピングを行うにはDVDのデータに侵入しなくてはならなく、
DVDプロテクトが搭載されているDVDはプロテクトを解除する必要があります。

このプロテクトは、
CSSCPRM容量偽装Cinavia、UOPs、APS…など非常に多くの種類があり、
自分がコピーしたいDVDのプロテクトが対応していない場合は、
アップデートを待つか、他のリッピングソフトを探さなくはいけないという面があります。

また、リッピングソフトは、
細かな設定ができる分、圧縮率などの設定などPC初心者には扱いづらい面もあります。

リッピングソフトはすべて海外製なので、
メジャーなものを利用する分には問題ありませんが、
あまり知られていないリッピングソフトを使うときはウィルスの感染にも気をつけなくてはいけません。

 

キャプチャ録画のメリット・デメリット

キャプチャ録画方式は、
専用の録画機器 キャプチャボードを利用してDVDコピーを行います。

仕組みとしては、
DVDプレイヤーから出力した映像をHDMIやアナログケーブルでキャプチャボードに接続し、
キャプチャボードが映像を認識し、録画をすることで映像のコピーができます。

この方法は、
リッピングソフトとは異なり、
録画している映像のみを保存します。テレビ番組の録画と同じ仕組みです。

なので、録画時間が再生分かかるというデメリットがあります。

しかし、この方法は、
DVDのプロテクトを解除することなくDVDコピーすることができ、
さらにプロテクトの種類に関係なく、映像出力さえ可能なら録画できる強みがあります。

また、キャプチャボードの中には、
PC不要のDVDコピーキャプチャボードがあるので、
PC性能に不安がある方、Macユーザーなどは一度、参考にしてみることをおすすめします。

EzCAP HD サイドバー2

>>>PC不要の簡単接続キャプチャボード EzCAP HD

 

違法性はプロテクトの解除を行っているかどうかにある

2012年10月著作権法の改正が行われ、
日本国内でのDVDリッピングソフトの利用は違法になりました。

厳密に言えば、
DVDリッピングソフトの利用そのものが違法行為というわけではありません。

PAK85_omocyanotecyou_TP_V

「DVDプロテクトの解除」行為が違法行為にあたるわけです。
なので、プロテクトを有していないDVD(例えば、自作のDVD)のリッピングは違法にはなりません。

この著作権法改正により、
新たに脚光を浴びたのが、ゲーム実況の録画機材として広く知られているキャプチャボードなわけです。

前述の通り、キャプチャボードを使ったDVDコピー方法は、
DVDのプロテクトに抵触することがないので、
現在のところは違法行為にはならず、安全にDVDコピーができる唯一の方法になります。

 

DVDリッピングソフトが衰退している一番の理由

DVDプロテクトの解除行為は違法行為になりますが、
実は2016年3月現在、具体的な処罰の制定はされていません。

もちろん、違法行為になりますので、
プロテクトの解除行為がばれた場合は、
なんらかの社会的な制裁はありえます。

また、近年、ダウンロード違法化など著作権関係の法制定が急ピッチで進んでいるので、
処罰の制定はいつ起きてもおかしくありませんのでご注意を。

YUKA863_uresiina15202157_TP_V

でも、それでも、無料で使えるなら誰だって、
DVDリッピングソフトを使いたいのが本音です。

しかし、このDVDコピーフリーソフトの存在が、
リッピングからキャプチャ録画に移行しつつ最大の理由なのです。

 

DVDコピーフリーソフトが無くなってきている

2016年現在、
DVDコピーを行えるフリー・無料のソフトがなくなってきています。

N112_cyekusuru_1_TP_V

というかありません。

DVDリッピングソフトで有名なDVDFabAnyDVD
これらは無料で使えるのは試用期間の約30日のみで、
その後の利用は「有料」になります。

・DVDFab 約5500円(日本版はプロテクト解除ができない模様)
・AnyDVD 1年間ライセンス:約8000円(2016/3/8現在 AnyDVD販売中止を発表

 

また、現在もフリーソフトとして配布されている、
DVD ShrinkDVD 43DVD Decrypterは全て数年前に開発を終了しており、
アップデートが行われていないため、最新のDVDのコピーガードの解除はできません。

このように主要なDVDリッピングソフトは、
その全てが有料版への移行(有料ソフトも販売停止などに追い込まれている)。
もしくは開発自体が終了しており、
現在はDVDを無料でコピーできるフリーソフトは存在しないのです。

「リッピング無料ソフトの消滅」そして、「リッピング行為の違法性」
リッピングソフトからキャプチャボードへ移行しつつある最大の理由であるといえるでしょう。

 

まとめ

今回はDVDコピーの現在の状況についてまとめてみました。

違法性のある海外製リッピングソフトを購入するのなら、
安全なキャプチャボードでのDVDコピーを行ったほうが安心です。

キャプチャボードでのDVDコピーのメリットは違法性がないだけではありません。

P1380542

接続可能な再生機器ならDVDだけでなく、
BD、VHS、ゲーム映像、PC、スマホなど幅広い映像の録画ができる点にあります。

>>>HDMI アナログ端子に対応したキャプチャボード EzCAP HD

>>>スマホに直接映像を録画できるキャプチャボード VersaCAP HD

キャプチャ録画も今後の展開次第では、
HDCP規制のような制約が行われるかもしれません。

ezhd_stepimg01

しかし、現段階でも最もDVDコピーがしやすい方法が、
このキャプチャ録画方法なのです。

今回紹介したEzCAP HDの公式サイト
http://www.internal.co.jp/products/hardware/easycaphd/about/


《DVDプロテクトを解除することなく安全にDVDコピーをする方法》

EzCAP HD ブログ素材

DVDコピーガードを解除することなく映像をコピー!!
コピーされた動画にはコピーガードは搭載されない!!

PCを使わないで本体ボタンを押すだけの直感操作!!保存動画はMP4!!

  • コピーガードを違法行為をせずになんとかしたい
  • リッピングソフトは難しい…
  • PCをもっていない or Macユーザー
  • スマホで映像を見たい

EzCAP HDならそれが可能です

>>>EzCAP HD公式サイト<<<

PAK85_omocyanotecyou_TP_VDVDコピーガードを解除するいわゆるリッピングソフトは2016年になった今でもフリーソフトとしてダウンロードが可能です。

もちろん、何度も当サイトでも申している通り、いくらフリーソフトだからといっても、リッピングソフトを使ったDVDコピーガードの解除行為は違法行為にあたります。絶対にやめましょう。

今回はDVDコピーガード解除フリーソフトについて話していきます。

DVDコピーガードを解除できるフリーソフト

DVDのコピーガードを解除するリッピングソフトには有料と無料のフリーソフトがあります。リッピングソフト=無料で使えるフリーソフトというイメージがあるため無料で使えないのではリッピングソフトは意味がないという人もいます。

そんなリッピングフリーソフトも現在も検索さえすれば容易にダウンロードが可能です。有名なフリーソフトとしては…

  • tuba-388989_960_720 (1)DVD Decrypter(最終パッチ 2005年)
  • Handbrake(最終パッチ 2010年)
  • DVD Shrink(最終パッチ 2005年)
  • DVD43(最終パッチ 2009年)

などがあります。しかし、これらは見ての通り、それぞれすでに最終更新が数年前のものになっており、現在の最新のコピーガードに対応できていない可能性があります。

また、当サイトでもお伝えしたとおり、有料リッピングソフトのAnyDVDが2月に開発を停止しており、本当の意味で使えるリッピングソフトがなくなってきています。

DVDコピーガード解除は違法

DVDのみならず、DVDやBDに搭載されているコピーガードを解除する行為は日本国内で違法になります。2012年10月の著作権法改正前まではコピーガードの解除行為は違法ではありませんでした。

2016年現在ではコピーガード解除行為は違法ですが処罰化がなされていません。これにより、リッピングソフトを利用する人が未だにいるのも事実です。しかし、上記で分かるようにフリーソフトを使ったとしてもDVDコピーができるという確証は全くないのです。そして、今後いつ処罰が制定されるか分かりません。リッピングソフトを使ったコピーガードの解除行為はやめましょう。

まとめ

誤解を招きがちですが、リッピングソフトの利用自体は違法ではありません。コピーガードが搭載されたDVDのコピーガード解除行為が違法行為にあたるわけです。

フリーのリッピングソフトによっては動画の変換や映像の設定などを行えるものもあります。自作のDVDなどの映像編集のためにフリーソフトを使うことは全く問題ありません。

DVDコピーとしてのリッピングソフトではなく、フリーソフトは動画編集や自作DVDコピーとしてリッピングソフトを使うのが安全な使い道のようです。

関連記事:DVDコピーの現在の実情についてまとめてみた【2016年】

bytes-315546_640

YUKA863_uresiina15202157_TP_V当サイトではDVDプロテクト、コピーガードについての情報をまとめています。
DVDコピーについて詳しい方ならご存知のとおり、2016年の2月に有料リッピングソフトのAnyDVDが開発を停止し、事業から撤退しました。AnyDVDはリッピングソフトで唯一BDやDVDの最新コピーガードに対応しているソフトだっただけにDVDコピーをしたい人にはかなり痛いニュースとなったわけです。

規制により、最近リッピングソフトが縮小してきているのは事実です。
現在もDVDコピーガードを解除できるフリーソフトが存在していますが、無料ではDVDコピーできない可能性があります。

DVDコピーは無料じゃできない!?

DVDコピーを行うために多くの人が活用しているのがリッピングソフトです。

リッピングソフトはDVDに搭載されているコピーガードを解除し、DVDのデータをコピーします。そのため、リッピングソフトの使用は現在違法になっています。当サイトではリッピングソフトの利用は固く禁じています。

しかし、この著作権法は違法でありながら、処罰が制定されていません。なのでそれをいいことに現在もリッピングソフトを使っている人が少なからずいるようです。

世界的に著作権の規制が強くなっている

usa-1026621_960_720ただ、冒頭で話したAnyDVDの事業停止にあるように、ここ数年で著作権に関する規制は世界的に厳しくなっています。事実、AnyDVDの事業停止はアメリカの映画業界からの強いバッシングや訴訟にあったといわれています。

日本国内でもダウンロード法による処罰化の制定、逮捕者が出たことは記憶にも新しいと思います。現在はDVDコピーガードの解除行為は処罰はありませんが、いつ制定がされるか分かりません。もしリッピングソフトを使ってる方がいるのであれば絶対にやめましょう。

無料ソフトでは最新コピーガードに対応できない

また、コピーガードを解除する無料リッピングソフトでは、最新のコピーガードに対応できない場合があります。

他のサイトでも書いていますが、現在ネットで無料でダウンロードできるリッピングソフトは、その全てがすでに数年前に開発を終了しています。そのため、その当時のDVDのコピーガードは解除できたとしても最新のコピーガードは解除できない可能性が高くあります。

かといって、有料リッピングソフトも唯一最新のコピーガードに対応できていたAnyDVDが消えてしまったこともあり、リッピングソフト自体が使えなくなっている現状があります。

まとめ

有料のリッピングソフトにはAnyDVDともう一つ、DVDFabがあります。これもリッピングソフトでは有名なソフトなのですが、日本国内で販売されているものにはプロテクト解除機能が搭載されていません。また中国の企業なので敬遠している人も多いらしいです。

当サイトではDVDコピー方法として、
キャプチャボードを使ったDVD録画方法を推奨しています。この方法は著作権法に対応した現在唯一のDVDコピー方法になります。

こちらに関しても情報をまとめてありますのでぜひ一度参考にしてみてください。

関連記事:DVDコピーの現在の実情についてまとめてみた【2016年】

DVDコピーしたい理由は人それぞれあるかと思います。

そのDVDをコピーする上で立ちはだかるのが、
CSSなどのコピープロテクト

wall-of-bricks-445604_640

今や、プロテクトの種類も非常に多く、
リッピングソフトでプロテクトを解除しようにも、
DVDによってはコピーできないものもあります

さらに、たとえ個人利用の範疇でも
プロテクトの解除は違法となってしまいました。

このサイトで紹介しているDVDコピー方法は、
プロテクトを解除しないでDVDの映像を録画する方法です。

person-110305_640

なので、違法行為には当たりません

>>>プロテクトを解除しないDVDコピー方法詳しくはコチラから!!

キャプチャボードを使い、DVDを録画⇒MP4動画として保存する

その方法とはキャプチャボードを使った方法です。

IMG_1348

この方法はDVD再生機器(DVDプレイヤーやゲーム機器など)に
コンポーネント端子(緑・青・赤)が搭載されていることを前提としています。

一度、お持ちのDVD再生機器の搭載端子を確認してみてください。

EzCAP HD ブログ素材

キャプチャボードとは映像録画機器のようなもので、
DVDの映像をコンポーネントで出力⇒キャプチャボードで録画
という形でDVD録画コピーを行います。

言葉にすると難しいかもしれませんが、
やってることは簡単です。

おすすめのキャプチャボードはEzCAP HD

IMG_1343

EzCAP HDは録画にPCを使いません

>>>EzCAP HDの詳しい情報はコチラから!!

なので…

IMG_1346 1.DVDプレイヤーとEzCAP HDを接続
DSCN6652 2.あとは録画ボタンを押すだけでOK

また、PCを使わない以外にも…

・MP4形式保存なので、そのままiPhoneなどに入れることができる
・プロテクトの種類に関係なく、再生さえできればDVDの映像録画が可能
・接続可能ならVHSやゲーム映像も録画可能

など、利点があります。

なにより、PCを使ったソフト上の操作がないので、
PC操作に不慣れな方やPCをもっていない方でもDVDコピーができちゃいます!

いま買うとオトク!?

いま、EzCAP HDを購入すれば…

PowerDirector

録画保存されたMP4動画の編集・書き込みができるCyberLink PowerDirector 10DE
が一緒についてくるので買うなら今買ったほうがオトクです。

 

 

 

 

 

header

bytes-315546_640

多くのDVDには簡単にコピーができないように、
DVDプロテクトとよばれるコピーガードが搭載されています。

なので、
DVDをPCに入れて⇒そのままコピー ができないのです。

そのプロテクトのあるDVDをコピーしたいときに、
利用するのがDVDリッピングソフトです。

hammer-471884_640

リッピングソフトはDVDデータごと複製ができるので便利ですが、
2012年の著作権改正により、
日本国内ではたとえ個人の利用の範囲でも違法となってしまいました。

 

wall-of-bricks-445604_640

また、リッピングソフトはコピーガードを解除するものなので、
リッピングソフトによっては解除できないコピーガードがあったり、
そもそもパソコンで再生できないものもあったりと万能というわけではありません。

ここからは、
安全(DVDプロテクトを解除しない)に、
コピーガードの種類関係なく、
DVDの映像を複製する方法をご紹介します。

 

また、この方法、
DVDだけじゃなく、VHSやBD、ゲームの映像も取り込み可能です。

IMG_1086

家にVHSデッキやゲーム機がある方には使える方法だと思います!!

 

その方法とはキャプチャボード(映像録画機器)を使った方法です。

必要なものは、

PCとDVD再生機器、そしてキャプチャボードです。

DSC_0049

DVD再生機器とPCの間にキャプチャボードを介すことにより、
DVDの再生映像をPCで録画⇒動画保存できます。

person-110305_640

この方法は前述のとおり、
DVDを再生させているだけですので、
プロテクトの解除にはあたりませんし、
再生機器で再生さえできればコピーガードの種類は関係ありません。

※再生機器にはアナログ(コンポーネント、コンポジット)端子が搭載されてる必要があります

 

DSCN3520

キャプチャボードのおすすめはEzCAP HDです。

EzCAP HDは、

IMG_0990IMG_1055

・HDMI(お使いの機器によってはプロテクトがかかりHDMI録画できない可能性があります
・コンポーネント(緑・青・赤の端子)
・コンポジット(黄の端子)
・Sビデオ端子

に対応してるので、
DVD再生機器だけでなく、
VHSデッキ、ゲーム機と接続して、
多くの映像を取り込むことができます。

511DMHsrC9L

 

保存された動画は
m2ts形式でそのまま付属の書き込みソフトで動画編集やDVD書き込みも可能です。
※MediaEspresso6.5/PowerDirector DE10が付属でついてきます

 

parfect1

録画コピー方式なら、
違法性を気にしなくていいですし、
基本的に再生さえできれば録画できるので、
コピーガードの種類は関係ありません。

ただし、デメリットもあります。

それはDVDの映像を録画するものなので、
2時間分の映像なら録画に2時間かかるということです。

 

「とにかく急ぎでコピーしたい!!」

brothers-457234_640

という人ならともかく、
汎用性のあるキャプチャボードで安心してDVDの映像を録画できるのが、
キャプチャボードのいいところだと思います。

 

DVDをリッピング行為からプロテクトする、

いわゆるコピーガードには多くの種類があります。

 

プロテクトの種類が多いということは、

それほど、DVDリッピングする人が多いってことですね。

 

ここでは代表的なコピープロテクトをご紹介いたします。

 

CSS

CSSとはContent Scramble Systemの略称で

1996年に搭載された古いタイプのプロテクトです。

が…これが一番有名なのではないでしょうか?

このCSSが一人の少年によって解除されてしまい、

そこからリッピングというソフトが世界中で出回りました。

いわば、リッピングソフトの繁栄の原因となったプロテクトなんですね。

 

AACS

CSSのブルーレイバージョン。

しかし、CSSに比べるとプロテクトが強化されていて、

たとえ、暗号が解読されても、すぐに新しい対策を追加できるようになっています。

 

それだけではなく、AACSが搭載されたブルーレイをプレーヤーで再生させると、

プレーヤー自体にAACSが働きかけ、プロテクトがアップデートされるという優れものなんです。

なので、今までリッピングできていたものも、AACSがアップデートされ、リッピングできなくなります。

 

 

DVDは映像や音声をデータとして管理するため、

VHSなどに比べ、容易に複製や移動が可能になっています。

 

それを防ぐためにDVDには「コピーガード」というプロテクトが施されています。

 

そして、このプロテクトを解除してDVDの複製を行うことを「リッピング」といいます。

 

2012年まではDVDリッピングは法的には問題なかったのですが、

2012年10月の著作権法改正により、

「プロテクトを解除したリッピング行為は違法」になりました。

もちろん、個人利用の範疇でも違法です。

ですので、絶対にリッピングはしないでください。

 

当サイトではプロテクトを解除せずにDVDコピーする方法を紹介しています。

それがEzCAP HDを使ったキャプチャコピー法です。

 

キャプチャコピーなら、

DVDを再生した映像を録画するので、

DVDプロテクトを解除することなく映像の複製が可能です。

 

>>EzCAP HDについての詳しい情報はコチラから<<

 

 

DSCN3520

このEzCAP HDなら、

プロテクトを解除せずにDVDをコピーできます。

ですので、違法性はありません。

 

header

 

【EzCAP HDのキャプチャコピー】

 

DSC_0049

EzCAP HDの他に必要なものは、

PCDVDプレーヤーだけです。

DVDプレーヤー、EzCAP HD、PC

これら3つを接続することにより、

プレーヤーで再生させた映像をPCに映し、

それをキャプチャ録画⇒PCに保存することができます。

>>>詳しい情報はコチラから

parfect1

 

【キャプチャ録画の画質について】

 

キャプチャコピーは安全でいいけれど、

画質が悪かったら意味がない……

 

そんな方はまず下記の動画を見てみてください。

 >>>EzCAP HDの詳しい情報はコチラ

これ、HDMI接続ではなく、

アナログのコンポーネント接続でキャプチャしたものなんです!

もちろん、アナログ接続だと多少の劣化はありますが、

見ての通り、目に見える範囲ではありません!!

 

また、動作環境を見てもらえれば分かるとおり、

PCの性能が良くなくても、しっかりコピーすることができます。

 

【EzCAP HDのすごいところ】

 

 EzCAP HDのすごいところはその対応端子数にあります。

【EasyCAP HD対応ケーブル(端子)】
・HDMIケーブル(黒の平らな端子)
・コンポーネントケーブル(緑・青・赤の端子)
・コンポジットケーブル(黄の端子)
・S端子ケーブル(黒の丸い端子)
・オーディオケーブル(白・赤の端子

※EzCAP HDにはHDCPなどのプロテクトを解除する機能は搭載されていません

 

 

例えば、お使いのプレーヤーが上記の端子に対応していれば、

ブルーレイプレーヤー

ビデオデッキ

ゲーム機

などとも接続が可能です。

 

なので、BDVHSゲーム映像もコピーできるわけです!!

 

IMG_1086

 

安心にDVDをコピーしたい方

幅広い映像を複製したい方

ぜひご検討ください!!

EzCAPHD_468×60_140619